『大怪獣空中決戦 ガメラ対ギャオス』 湯浅憲明監督   ☆☆☆

しばらく入手できなくなっていた『ガメラ対ギャオス』が再販されたのでさっそく購入。子供の頃にテレビで途中から観た記憶があるが、最初からちゃんと観るのは初めてだ。なかなか面白かった。昭和ガメラの最高傑作と言われているらしいが、まあそうかも知れない。ポイントはギャオスのキャラが立っていること、空中戦が可能なために戦いの幅が大きく広がっていること、夜、昼、夜明けと戦いの背景も趣向を凝らしてあること、などである。なかなか楽しい。けれども個人的には、ダークなムードの前作『ガメラ対バルゴン』の方が好みだ。

怪獣の風格やリアル感を重視する本格派志向の東宝と比べ、ギミックで勝負するのが大映マインド。ということで、バルゴンと同じようにギャオスもユニークな特徴満載だ。まず口から吐く超音波メス。これであらゆるものを真っ二つにしてしまう。しかも首のところが音叉になっていて、そのために首が回らない、という仰天のオマケ付き。横を向くことが出来ないのである。いやーすごい。「首が回らない」という日本語が使われるのは、借金しすぎた時とムチウチになった時以外はギャオスだけだろう。また、私が見るところギャオスは肘も曲がらない。それから、腹から消火用の黄色い霧を出す。ガメラの回転ジェットもこれで消されてしまう。炎が苦手だからだと思われるが、これはたとえばゴキブリが苦手な人がへそから殺虫剤を噴霧できるようなもので、大変便利である。

それから気分によって身体から緑色の光線を発する。メリットはよく分からない。弱点としては太陽の光に弱い。太陽に長時間当たっていると頭が赤くなってくる。ちぎれたつま先が太陽に当たってどんどん縮んでいくというエピソードがあって、これがとても印象的だ。私も小さい時に観てこれはよく覚えていた。それから、身体の一部がちぎれてもまた生えてくる。時と場合によって眼が赤かったり緑だったりするがこれは特撮の不統一と思われる。ただ、基本的に眼は血走っている。そして人間を食う。もしくは人間の血液を好む。非常に特徴的な怪獣であることは間違いない。

また、何といっても本作の特徴は子供の大活躍。英一という少年が出てくるが、基本的にすべてのギャオス対策はこの少年のアイデアか、もしくは少年の言葉にヒントを得て行われる。ギャオスが夜行性という事実は、英一君の「おやつの前にギャオスは出ない」の指摘により発覚する。本当かい、と大人が聞くと、英一君は「本当だよ。ぼく絵日記書いてるもん」ああ、もうちょっとしっかりしろ大人たち。

ガメラが完全に人間の、というか子供の味方になるのはこの『対ギャオス』から。序盤で英一君がギャオスに襲われるとガメラは英一君を助け、甲羅に乗せて町まで送ってやる。英一君が目を回さないように気を遣ってグルグル回転もしない。そして人間達が観覧車で英一君をおろす時には、身体を観覧車に寄せておろしやすくまでしてあげるのである。ガメラどんだけ親切やねん。前の『対バルゴン』ではまだダムを壊したり悪さもしていたのに。あれから一体何があったのだろうか。

話の進行は基本的に『対バルゴン』をなぞっていて、まずガメラやられる、人間はギャオスの弱点をつく色んな計画を立てるがどれもうまくいかない、最後にガメラが力技でその弱点を攻めてケリをつける、というパターンである。ガメラはまずギャオスの超音波メスに腕を切られるが、これが非常に痛そう。腕がスパッと切れて緑の血がどくどく出てくる。あと頭にくらって血が出てくるシーンもある。あれは普通死ぬんじゃないか。

ガメラとギャオスの戦いは『対バルゴン』よりも回数が増え、山の中の戦い、空中戦から海の戦い、そして最後の地上の戦いとバラエティに富んだ戦闘を繰り広げ、あきさせない。特に両方とも飛べることで初めて可能になった空中戦は、ゴジラ・シリーズでは真似できない魅力である。

最後、森を山火事にしてギャオスを倒そうとする。森の持ち主である老人がギャオス退治のために申し出るのだが(ただしアイデアを出したのはもちろん英一少年だ)、対策本部の人々は森林資源の犠牲をかえりみない老人の申し出に感動し、無私の精神を讃えるが、現代だったこうはいかないだろう。環境保護団体が黙っていない。しかしせっかく起こした山火事も、ギャオスの消火能力によってまたたく間に消されてしまう。それを見ていた対策本部の一人が感心して「ギャオスの消火の威力は、まったく大したものですなあ」。これには爆笑。

そこにガメラが飛来し、最後の決戦となる。ガメラがギャオスの首に噛み付いたりかなり壮絶な戦いになる。ガメラは顔面を狙ってくる超音波メスを頭を左右に傾けてかわす、という神業を披露する。そしてギャオスを富士山の噴火口に引きずり込んでとどめをさす。言い忘れていたが、この映画では富士山が噴火するのである。火口から断末魔の超音波メスが出てきて消えていくのは、前作『対バルゴン』の最後をなぞっている。けれども滅びゆく怪獣の哀愁は、虹を吐きながら湖に沈んでいくバルゴンの方が上だった。

エンディングは子供たちが歌う「ガメラの歌」。対バルゴン戦、対ギャオス戦の映像がバックに流れる。例のガメラ・マーチはまだないようだ。まあしかし、すっかり子供のヒーローと化したガメラであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。